日本の住宅事情からすると、炊事を行なう場所であるキッチンはどうしてもスペースが狭くなりがちです。

狭いキッチンを広く使う工夫
狭いキッチンを広く使う工夫

日本の住宅事情からすると

日本の住宅事情からすると、炊事を行なう場所であるキッチンはどうしてもスペースが狭くなりがちです。
機能性を追及していくと、炊事のために大きなスペースを占有させておくと、ダイニングなどのスペースを狭くすることになるからです。

そこで、狭くともキッチンスペースを広く使う工夫が必要になってきます。なぜ狭さを感じるのかに着目して改めてキッチンスペースを見直すと、流し台として使うシンクの横の作業台スペースについつい、色々な調味料や買い物袋に入った商品を置いたままにしてしまうことに気づきました。
つまり、キッチンシンクや作業台のところが常に何もなくすっきりした状態ならば、狭いキッチンスペースも広くみえるのです。

ですから炊事中で一見面倒でも、使い終わったまな板は洗って水で流したら所定の場所に収納する、という行動をこまめにやると、常に広々とした作業空間が出来ます。流し台や作業台を常に何もない状態にしておくことが、感覚的な面でキッチンを広く使う工夫になるわけです。


Copyright(c) 2017 狭いキッチンを広く使う工夫 All Rights Reserved.