狭いキッチンを広く使う方法として、まずキッチン台の上にものを置かないことです。

狭いキッチンを広く使う工夫
狭いキッチンを広く使う工夫

狭いキッチンを広く使う方法として

狭いキッチンを広く使う方法として、まずキッチン台の上にものを置かないことです。
なるべく流しの下の開き等にしまいましょう。塩や砂糖等、ついつい取りやすい所においてしまいがちですが、以外と数種類程度の調味料がスペースを奪います。なので、料理をする時は何がいるかを決めておいて、あらかじめ出しておけばいいのです。

あと、流しも当然狭いはずですから、流しにタライをおくのをやめます。なぜなら、タライがおいてあると、そこに取り敢えず食べた皿を入れて水に浸けるからです。
これは結局、付けおきして汚れが取れたら後で洗おうという考えかもしれませんが、ただ単にすぐに洗うのが辛いからです。
タライがなければ汚れが固まらないうちにすぐ洗うという癖がつきますので、結局後で洗うよりずっと楽ですし、流しも広く使えます。
また、物を置かないということは広くスペースを使えるだけでなく、掃除する時物を動かさずに済むので、ある意味色んな手間が省け、結果キッチンを快適に使うとが出来るのです。


Copyright(c) 2017 狭いキッチンを広く使う工夫 All Rights Reserved.