現在の住まいに越してきたとき、キッチンが対面式で、リビングが見渡せるので気に入っていったのですが、とても狭いので使いづらいだろうと思いました。

狭いキッチンを広く使う工夫
狭いキッチンを広く使う工夫

現在の住まいに越してきたとき

現在の住まいに越してきたとき、キッチンが対面式で、リビングが見渡せるので気に入っていったのですが、とても狭いので使いづらいだろうと思いました。
そのため、入居するときに簡単なリフォームをしました。
キッチンの後ろの空間に、作り付けの食器棚をつけたのです。

上の空間は食器を入れる扉つき収納庫にし、真ん中の空間は作業台にしました。
そして、下の空間に電子レンジを入れるスペースと引き出し型の収納庫、またゴミ箱を置くスペースをつけたのです。
この食器棚のおかげで、キッチン後ろのスペースが有効に使えるようになりました。

一番便利なのは、作り終わった料理を置いたり、レシピ本を置いたりするスペースが確保できたことです。
キッチンはだいたい狭いものなので、広く使うにはやはり上の空間を有効に使うことがポイントだと思います。ただ、手が届かないとせっかくの収納スペースが生かせないので、とって付きのケースに入れて、取り出しやすい工夫も必要ではないかなと思います。


Copyright(c) 2017 狭いキッチンを広く使う工夫 All Rights Reserved.