一人暮らしで何回か引越しをしたので、狭いキッチンを使ったことは何度もあります。

狭いキッチンを広く使う工夫
狭いキッチンを広く使う工夫

一人暮らしで何回か引越しをしたので

一人暮らしで何回か引越しをしたので、狭いキッチンを使ったことは何度もあります。一人用の部屋だと、大体キッチンが狭いところばかりなので、自炊するのがけっこう大変です。
必然的に工夫しなければ、まな板を置いたり、料理をしたりするスペースが基本的にないところばかりです。

やはり、一番工夫するところは物をどれだけ置かなくて済むようにするか、ということです。
必要な調理器具を使わないときに、いかに外に出さずにコンパクトに収納するかで、だいぶキッチンの使い勝手が変わってくると思います。
私は縦長のワゴンを愛用しています。下にはフライパンや鍋などをしまったり、調理のときの小物をしまったりできて、料理をするときにはワゴンを出してきてそのうえにも、鍋を置いたり、まな板やボウルなどを置くことで、広く料理をするスペースができます。料理をしないときにはワゴンを端のほうに置いておけば、すっきりと見えるのでとても便利です。


Copyright(c) 2017 狭いキッチンを広く使う工夫 All Rights Reserved.