私は1Kのアパートで一人暮らしをしていましたが、キッチンがとても狭かったです。

狭いキッチンを広く使う工夫
狭いキッチンを広く使う工夫

私は1Kのアパートで一人暮らしをしていましたが

私は1Kのアパートで一人暮らしをしていましたが、キッチンがとても狭かったです。
その狭いキッチンなんとか快適に使えないものかと色々考えたものです。
空間を有効に利用することで狭いキッチンもある程度広くなります。
空間を有効に利用する鍵は、「壁」です。
壁にフックを取り付ければ、そこに台所用品を吊り下げられますし、ラックや棚を設置すれば、そこにいろいろ物を置けます。壁以外で活用できる空間としては、冷蔵庫や食器棚の上部・側面でしょう。冷蔵庫側面は磁石がくっ付きますから、磁石を使ったフックや小物置場を設置できるでしょう。また、大抵、台所の下の部分には収納スペースがありますので、そのスペースをうまく活用することができます。スペースに、ある程度高さがあるのであれば、ラックを使ってスペースを2段、3段にすれば、より多くの物を収納できます。
キッチンを使っていて快適に感じるかどうかは、料理のやる気に影響します。そして料理のやる気は料理の質に影響するでしょう。狭いキッチンも工夫して快適に使いたいものですね。


Copyright(c) 2017 狭いキッチンを広く使う工夫 All Rights Reserved.