キッチンは調理用具や調味料が溢れ、狭いところがさらに狭くなってしまいます。

狭いキッチンを広く使う工夫
狭いキッチンを広く使う工夫

キッチンは調理用具や調味料が溢れ

キッチンは調理用具や調味料が溢れ、狭いところがさらに狭くなってしまいます。鍋やフライパンは場所も取りますし、かといって出しっぱなしではますますキッチンが狭くみえてしまいます。
では、どうやって広く使えばいいのか。ズバリ、ものを増やさないことです。
鍋は大きくて深めのテフロン加工フライパン一個で十分。これがあれば、炒めもの、ゆでる、煮るなど、一通りの調理が可能です。
いろいろな鍋を揃える必要はありません。一個なら十分しまえるし、場所もとりません。
安いからといって大量に買っている保存食も、今なら24時間営業しているスーパーやコンビニも多いし、必要ありません。普段あまり使わない調理器具や、趣味にあわない頂き物の食器も思い切って処分します。今はやりの断捨離を実践します。コップやタッパは重ねて収納できるものを選んで、重ねて収納します。物を少なくして収納し、外に出ているものに統一感をだせば、空間が非常にすっきりして広くみえます。


Copyright(c) 2017 狭いキッチンを広く使う工夫 All Rights Reserved.