狭いキッチンを広く使う工夫としては、まずは色を統一することが大切です。

狭いキッチンを広く使う工夫
狭いキッチンを広く使う工夫

狭いキッチンを広く使う工夫としては

狭いキッチンを広く使う工夫としては、まずは色を統一することが大切です。
色があまりにもバラバラだと狭く見えるので、余計に狭く感じてしまいます。
広く使うために何かベースとなる色を決めたら、その色に合わせて家具や調理器具をそろえましょう。そしてさし色を入れるとぐっと引き締まり、キッチンが広く見えます。調理器具などでさし色を入れるとよいでしょう。
またキッチンは調理器具や食材などが出しっぱなしになってしまいますが、収納棚を工夫して、自分で作ってみるというのもお勧めです。
冷蔵庫の上に棚を設置し、収納を増やしてみてください。突っ張り棒などを使いカーテンを取り付け、見えないようにするとすっきりして見えます。見せる収納を利用すれば、収納スペースがなくても十分に物が置けるしキッチンの使い勝手もよくなります。窓がある場合は、なるべく窓辺は何も置かないほうがよいでしょう。物を減らしてシンプルな空間にすると、広く使えます。


Copyright(c) 2017 狭いキッチンを広く使う工夫 All Rights Reserved.