狭いキッチンを広く使う工夫ですが、そもそも日本のキッチンは、狭い傾向があります。

狭いキッチンを広く使う工夫
狭いキッチンを広く使う工夫

狭いキッチンを広く使う工夫ですが

狭いキッチンを広く使う工夫ですが、そもそも日本のキッチンは、狭い傾向があります。さらにアパート暮らしだともっと狭くなります。

でも工夫しだいで、いくらでもキッチンを広く使う事ができます。その方法のひとつですが、まずキャスター付きのテーブルをうまく利用することです。
キャスター付きのテーブルなら自由自在に移動できて、使わないときは脇によせたりして、スペースをうまく利用できそうです。
あと収納スペースの多いテーブルを選ぶのも一つの方法です。
鍋やフライパン、やかんなどをうまく収納できるスペースがあれば、よりキッチンを広く使えると思います。あとゴミ箱の設置場所も大事ですね。上手にゴミ箱を収納することができたら、より広くキッチンを使えることでしょう。
キッチンに無理に置かなくてもいい電気ポットやコーヒーメーカー、そしてジューサーミキサーなどは他の部屋に置いて、キッチンのスペースを少しでも広げるといいですね。キッチンはお金をかけなくても、少しの工夫でいくらでもキッチンを広く使うことができると思います。


Copyright(c) 2017 狭いキッチンを広く使う工夫 All Rights Reserved.