狭いキッチンを広く使う工夫は、必要なアイテムを厳選するということです。

狭いキッチンを広く使う工夫
狭いキッチンを広く使う工夫

狭いキッチンを広く使う工夫は

狭いキッチンを広く使う工夫は、必要なアイテムを厳選するということです。
キッチンで一番幅を取るものと言えば、食器などを保管する食器棚です。
食器棚を置かないことで、狭いキッチンを最大限有効活用することができるのです。
キッチンの下などに収納できる量に抑えればキッチンを広く使う事ができます。また同じ形や同じ種類のお皿で揃える事で、収納する際にコンパクトにすることができます。
食器棚は置かなくとも、目線の低い棚を置いておくと非常に便利です。
棚の上を有効活用することで、狭いキッチンを広く使う事ができるのです。
平面を多く作る事で、作業できる場を多く取ることができます。
キッチンではいくつもの料理を同時進行して作っていくので、動線に合わせて物を置くことが大切です。
電子レンジや炊飯器、オーブントースターなどを表に置いておくのではなく、収納することですっきりとしたキッチンにすることができます。また白い色のキッチンにすることで視覚的にも広く感じる事ができます。


Copyright(c) 2017 狭いキッチンを広く使う工夫 All Rights Reserved.