一戸建てや分譲マンションなど、ある程度広い家の場合は、システムキッチンも導入されて、広いキッチンが備え付けられていますよね。

狭いキッチンを広く使う工夫
狭いキッチンを広く使う工夫

一戸建てや分譲マンションなど

一戸建てや分譲マンションなど、ある程度広い家の場合は、システムキッチンも導入されて、広いキッチンが備え付けられていますよね。広いキッチンは、収納スペースも多くて、家事もしやすいです。

しかし、ワンルームや古い家だと、ガスコンロを自分で設置しなければならず、コンロが一口タイプの物など、狭いキッチンがあるのも事実です。
そんな狭いキッチンを広く使うことができるなら、家事や料理もしやすくなります。そこで、いかに広く使えるようにするか工夫をすることになります。
まず、一つ目として便利なのが頭上にラックを置くことです。
最近は、突っ張り棒式の突っ張りラックも販売されています。壁の幅に応じてラックを設置することができるので、その上にお皿やカップを置くことで収納スペースを確保することができます。また、前面の壁にフックをつけることで、フライパンやお玉などをかけるなどすると、さらに収納スペースが確保できて、便利になります。
電子レンジや炊飯器は、可動式のラックを部屋に置くことで、狭いキッチンでも広く使用することができます。掃除のときに動かすことができるので便利です。
このように、工夫をすることで、キッチンは広くすることができて、料理や家事もはかどりますよ。


Copyright(c) 2017 狭いキッチンを広く使う工夫 All Rights Reserved.