最近の住宅はキッチンとリビング、ダイニングが一体化されたLDKが主流なので、空間としてはリビングやダイニングとつながっていて広々としているお宅が多いかと思います。

狭いキッチンを広く使う工夫
狭いキッチンを広く使う工夫

最近の住宅はキッチンとリビング

最近の住宅はキッチンとリビング、ダイニングが一体化されたLDKが主流なので、空間としてはリビングやダイニングとつながっていて広々としているお宅が多いかと思います。
しかし、キッチン部分はどうしても物があふれてしまいますし、多くの人が「もっとキッチンが広ければな」と思っているのではないでしょうか。
食材や調理家電、食器など多くのものをキッチンに置きたいと考えている人は、パントリーを作ったり作り付けの大収納のカップボードを作ったりしているかもしれませんが、容量が多いとどんどんものを置いてしまい、結局収納が足りない、なんてことにもなりがちです。
スーパーで安かったからとストック品をたくさん買い込んだり、必要以上に多くの調理器具を持っていたりすると、どんなに広いキッチンでも狭く見えてしまいます。
元から狭い場合はなおさらで、やはり食材でもキッチン用品でも厳選して持つようにすることで、ものがごちゃごちゃと置かれていない広々としたキッチンに見えるのではないでしょうか。


Copyright(c) 2017 狭いキッチンを広く使う工夫 All Rights Reserved.